注目キーワード
  1. Kyrie
  2. Harden
  3. Jordan
  4. Lebron
  5. Curry

[NIKE] ZOOM FREAK 4(ズームフリーク4)のレビュー評価

  • 2024年5月26日
  • 2024年6月9日
  • NIKE,  FREAK
  • 11651view
  • 4件

みんなの評価

4.05

グリップ

4.0/5

クッション

4.3/5

フィット

4.0/5

サポート

4.0/5

素材

4.0/5

せっかく買ったバッシュのグリップが弱かった、クッションが好みでなかった等の経験ありませんか?そんな失敗を減らすため、お持ちのバッシュの評価を書きこんで皆さんで情報交換できる仕組みを作成してみました。

コメント欄に数値を入力すると「みんなの評価」の点数に自動的に反映される仕組みになっています。

おおよそ以下の基準で入力をお願いします。
  5点:すごく良い!
  4点:良い。
  3点:普通かな。
  2点:悪い。
  1点:すごく悪い!

簡単でいいのでコメントに履き心地の記載もお願いします。(スパム防止のため。コメントがないと承認されない場合があります。)

履き心地の好みや体育館の環境等は人により様々で、相対的な評価となりますが、意見が集まれば集まるほど傾向が見えてくると考えています。ご協力いただけると嬉しいです。

ZOOM FREAK 4(ズームフリーク4)の機能性

ヤニス・アデトクンボの4作目となるシグネチャーモデル。

【過去のシリーズ】
ZOOM FREAK 3(ズームフリーク3)
ZOOM FREAK 2(ズームフリーク2)
ZOOM FREAK 1(ズームフリーク1)

※画像は公式サイトよりお借りしてます。

👉 下り坂を駆ける
軽量ミッドソールの前足部の下を空洞にし、2つのZoom Airユニットを配置。 体重でZoom Airユニットを圧縮することにより、大きなエネルギーリターンを実現。 100メートル走のスターティングブロックのようにわずかに傾斜した形状が、前への推進力とゴールへの連続攻撃をサポート。

👉 あらゆる角度からリムを攻める
コンピューターで作り出したアウトソールは、地形図に似たパターンで多方向へのトラクションを発揮。 コートへの接地感と方向転換を最適化。

👉 優れた安定性ですばやい動きを実現
外側のミッドソールには、軽量で耐久性に優れたフォームを使用。 左右にすばやく転換する際に、足をインソール上で安定させることが可能。
つま先とかかとの下のフォームにカットアウトを入れ、全体を軽量化。
ラバーアウトソールの成型グルーブ (アウトソールやミッドソールにある溝) がシューズの屈曲をサポート。

ZOOM FREAK 4(ズームフリーク4)の個別評価

海外レビュアーの評価例です。

The Sole Brothers さん

・グリップ          ・・・ 4 点

・クッション         ・・・ 4.5 点

・フィット          ・・・ 4 点

・サポート          ・・・ 4 点

・素材(通気性、剛性等の総評)・・・ 4 点


※点数部分のみ引用。
 詳細は動画(英語)で確認できます。


Nelson Chan さん

・グリップ          ・・・ 4 点

・クッション         ・・・ 4 点

・フィット          ・・・ 4 点

・サポート          ・・・ 4 点

・素材(通気性、剛性等の総評)・・・ 4 点


※点数部分のみ引用。
 詳細は動画(英語)で確認できます。


主な意見

グリップ   
・ よいトラクションにより、一度慣れるとあらゆる方向に素早く動くことができます。

クッション   
・ このシューズの Zoom Air ユニットは厚く、足が地面から高く上がります。弾力性があるように感じますが、ユニットを作動させるにはかなりの力が必要でした。

フィット   
・ つま先部分にぴったりフィットさせるために、靴ひもを締める必要がありました。でも、長さは完璧でした。

サポート  
・ ねじりサポートは最高ではありませんが、あまり気になりません。ただし、横方向のサポートと安定性にはまったく問題ありませんでした。

素材(通気性、剛性等の総評)
・ 素材は高級品ではありませんが、十分に機能します。性能面でも、問題はありません。

ZOOM FREAK 4(ズームフリーク4)の主なカラー展開

最新情報をチェックしよう!